編集・制作、校正・校閲、コンクール支援なら海風社にお任せ

書籍出版 海風社 書籍案内

  • アマミゾの彼方から
  • アマミゾの彼方から

    鳥居 真知子

    1,500円+税

    南島叢書99 / 並製

    ISBN978-4-87616-067-9 C0093

    書評 『アマミゾの彼方から』に思いを込めて

    世界自然遺産に登録された奄美大島は世界に誇れる自然環境に加え、島尾敏雄のヤポネシア論にあるように、かつての日本の村々にあって、今は失われてしまった豊かな精神世界が息づいているところです。

    人と自然、自然に宿る神々とをつなぐシャーマニズムが生活に溶け込み、「生」と「死」が非常に近い形で感じられる稀有な場所といえます。

    その奄美を舞台に、著者は一人の少年のこころの再生の物語を描いています。
    民俗学に寄りすぎず、読者が奄美の精神世界を自然な形で感じられるよう、あえて平易な表現にこだわり幅広い世代に届くようにしました。

    奄美大島に伝わる様々な祭祀が普段の生活のなかで印象深く描かれ、ハブやケンムンが当たり前のように登場します。

    奄美大島の精神世界を知る入門書だと思います。

    2023.10.18

アマミゾの彼方から

アマミゾの彼方から

鳥居 真知子

1,500円+税

南島叢書99 / 並製

シバサシのお祭り
 アラセツ(新しんせつ節)から七日目に、大きなお祭りの二つ目のシバサシ( 柴し ば さ 挿し)というお祭りが来る。
 神様と共に父さん達が、ノロの照てるおばから招まねき呼ばれて、海の上を歩いて七日目の日だ。たぶ
ん父さんは、今日の夜中くらいに着き、明日の朝には会えるはずだ。 
 本当に父さんと会えるのだろうか……。期待と不安で、胸むねがドキドキしている。
 シバサシの日には、座ざ し き 敷に、ご先祖様の位い は い 牌を下お ろし、サトウキビ三束と夏みかん三個を、お
膳ぜんにのせて供え、そのそばに花びんに入れたススキを置く。さらに家の軒の き ば 端にススキを挿す。
 「孝こ う た 太、桑く わきだま木玉しようや」
 一郎と浩が誘さそいにきた。桑の木の皮をはぎ、それを輪にして、首からぶらさげたり、手首や足
首にまく。これは魔ま よけになるらしい。
 「かしこい頭も、守らんとね」
 一郎は、ふざけて頭にも、桑の皮をまいた。
 「おれは、お腹なかが痛いたくならんようにね」
 浩はシャツをまくり、お腹にまいた。僕は、声無く笑い転ころげた。
 この日の楽しみは、ムチモレヲゥドゥリ(モチもらい踊おどり)だ。小こ だいこ太鼓のチジンとサンシンを
打ち鳴らして、六ろくちょう調を踊りながら、シマ(集落)の家々を回り、スルメやモチをもらうのだ。か
ごを背負い、そこにもらったものを入れる。どれだけたくさんもらえるか、一郎や浩と競争だ。
 「ィユ ヤルィ、イキャ ヤルィ(魚をくれ、イカをくれ)」
と、言いながら回る。背中のかごがだんだん、重くなってきた。僕が一番になれるかなと思った。
 いつの間にか、一郎や浩と離
はな
れて、峠
とうげ
に来ていた。
 (孝太……)
 ガジュマルの根元に、あのケンムン(妖
ようかい
怪)がひざを抱
かか
えて座
すわ
っていた。僕はビックリしたが、
ケンムンに言った。
 (浩が、ハブにかまれた時助けてくれたね。ありがとう)
 ケンムンは、ニコニコ笑って応
こた
えた。
 (あの時は、孝太、頑
が ん ば
張ったね)
 (僕は、あの日から、マブリ(魂
たましい
)が強くなってきたように思うんだ)
 (そうだよ、孝太のマブリは本当に強くなったよぉ)(おまえのおかげだよ……)
 ( 孝
こ う た
太は、ワン(おれ)の友達だからな……)
 (そうだよ、僕らは友達だ)
 僕は、後ろのかごから、モチやイカをいくつか取って、ケンムンに渡した。
 (アリギャテ、アリギャテ(ありがとう、ありがとう))
 ケンムンは、うれしそうに言いながら、ガジュマルの茂
しげ
みに消えていった。
 そこには、やはり大きな木の切り株かぶがあった。父さんも母さんもいないケンムンに、僕は、も
うすぐ父さんと会えるのだとは言えなかった。
 家に戻ると、ジューとアンマが門で、しゃがんでいた。もみがらを置き、ウジクサを加え、そ
の上にオキビ(木の燃えかけ)をのせて、くすぶらせていた。これで、冷たい海の上を、七日間
歩いてきた父さんの足を温めるのだ。僕は、ジューとアンマと一緒に、火が消えないように、夜
遅くまでオキビを、足た し続けた。
 今晩、父さんが海の彼方から、やって来るはずだ。僕は浜辺に立ち、月に照らされた海を見つ
めていた。浜には風が吹いていた。この南風は、ネリヤの国から、神様と共に亡くなった魂たましいが来
る時に吹く風だ。